国内旅行 年末総決算

No.179:沖縄旅行

   沖縄は妻も私も初めてです。ツアーなので気楽、前準備もほとんどせず、その分印象の少ない旅行だったかもしれません。「憧れの沖縄リゾートステイ4日間」という新聞折込チラシを見て、コロナ感染が落ち着いているうちに、と申込みました。

   JALで羽田から那覇に飛び、恩納村(おんなそん)泊、読谷村(よみたんそん)泊、那覇市泊と3泊、「憧れのリゾートホテル」は読谷村にあります。「珊瑚礁の海に囲まれた 光と影が織りなす悠久の楽園」が売りですが、残念ながら季節はずれ、それでもSランクの国際級海洋リゾートホテルといわれるだけあって、美味しい食事と、少しですがゆったりとした時間を楽しむことができました。


中央水面近くで口を開けてプランクトンを食べるしぐさのマンタ<写真へのクリックで拡大できます>

   今回の一番の見どころは沖縄美ら海水族館、巨大な水槽の中を大きなジンベエザメ、マンタ、グルクマの群れが泳いでいます。マンタは飼育が難しく、日本では、ここと品川の水族館でしか見ることができないそうです。小学生のとき、校庭で夜上映された海の記録映画に、悠々と泳ぐマンタが出てきて、すごいなぁ、と思ったことがあります。実物を見るのは、品川で見ていればこれで2回目です。空気泡の柱の近くを大きな口を開けて上下にぐるぐる回っていました。どうやら、プランクトンを食べようとしていたようです。

   事務所のボスに、沖縄5万円です、と言うと驚いて、どうやって見つけたの、と。これに味をしめて、驚かそうと、友人に同じことを言うと、沖縄だったらもっと安いのがあるよ、と言われ、こっちが驚きました。沖縄よりはすぐ近くの台湾に行きたい、というのが本音ですが、いまは叶いません。那覇で首里城跡に行ったときマンゴーかき氷を食べました。ちょっと台湾気分でした。

今年の総決算です。

1.家族
残っている兄弟3人、墓参りで会える程度、コロナ禍がなければもっと交流できたのですが、しかたありません。

2.友人たち
昨年同様、オンラインでのお付き合いでした。コロナ感染第5波が治まってから、第6波が来ないうちに、ということで、急遽、温泉旅行に一緒に出かけた友人夫妻が、直接会って話ができた唯一の友人です。

3.趣味
先日、近所にある「(老人)いこいの家」の囲碁サークルに入りました。昨年申込みをしたとき、コロナ感染拡大中のため新規加入不可と言われたので、感染が落ち着いている今のうちに、と。来年からは「地域」と「いこいの家」の2つの囲碁サークルで少し忙しくなりそうです。
ウォーキングは3,525キロ、1日平均9.7キロでした。記録し始めて14年目、1日平均が10キロ以下になったのは今年で3回目となります。1回目は母が入居していた施設への訪問がなくなった翌年、2回目は囲碁を始めて対局や勉強に時間を割いた年、3回目の今年は、5月からアンクルウエイトでの筋トレをしながらの歩きなので日々の距離を短くしたためです。

4.旅行
友人夫妻との1泊2日寸又峡温泉旅行と夫婦での3泊4日沖縄旅行だけでしたが、コロナ感染の合間をぬっての旅行ができて良かったと思います。

5.日々の思い
両足で3kgのアンクルウエイト装着で歩き始めて8カ月になりますが、いまだに重いと感じます。まあ、それが筋トレなのかもしれませんが。1年続けたらもう少し重くしよう、などと考えていましたが、この調子では難しそうです。これを100歳近くまで続けた三浦敬三さんの偉大さを改めて再認識しています。。

6.日々の暮らし
歩き三昧、囲碁三昧、仕事ちょっぴりの日々、と年賀状に書きました。

7.仕事
勤務先事務所が移転しました。移転先は何と帝国ホテル東京です。事務所のボスが新宿の自宅兼事務所を退去し新居に移るのですが、新居ができる2023年夏までを帝国ホテルで過ごすこととしたのです。ホテルでの仕事は快適で、ホテルスタッフの対応は申し分なく、飲み物やスナックは常時用意されています。相変わらず歩いての出勤、距離は今までとほとんど同じですが、途中の交通量が多いのが難点です。ホテルは快適でも、到着するまでの信号待ちや排気ガスの多さは快適とは言えません。

の記事

No.180:年末年始は京都でした (2022年01月31日)

 20年ほど住んでいた京都ですが、お正月を過ごした覚えがありません。そのため、年末年始の京都、とても楽しみでした。12月31日朝早くから家を出て、1月5日夜に帰宅、5泊6日の比較的ゆったりした京都滞在です。いたるところが観光スポットで、行くところに困ることは無く、美味しいものもたくさんあります。

No.178:1年ぶりの旅行 (2021年11月30日)

 コロナ感染の第六波が来ないうちに温泉に行こうと友人夫妻と出かけました。旅行は1年ぶり、同じメンバーです。1年前は、旅行から帰ったとたんに第三波が急激に立ち上がり、ぎりぎりのタイミングでした。その後第四波、第五波と立て続けに襲来し、やっと落ち着いてきたので出かけたのです。

No.167:コロナ禍の1年 (2020年12月31日)

 自宅から事務所まで歩くときに通る渋谷駅前スクランブル交差点、もうすっかりコロナ前の人出の感があります。これでは、感染リスクの高い会食も減ってはいないでしょうから感染拡大が止まらないのも当然か、と思ってしまいます。

No.166:GoTo中山道 (2020年11月30日)

 店頭のメニュー板にある「うまい五平餅」のとおり、美味しい五平餅でした。中山道・奈良井宿「かなめや」さん、宿場町の見物中に出会った地元の中年女性が勧めてくれた店です。築140年以上とのこと、テーブルにもなる幅広木枠の囲炉裏、むき出しの黒く太い梁、貫禄ある古民家でした。

No.165:GoToキャンペーン (2020年10月31日)

 GoToキャンペーンがお得です。横浜市助成金が1人5,750円出て、6,900円で参加できる「ホテルでの昼のフレンチフルコース」と、助成金1人3,750円て、4,500円となる「横浜中華街スペシャルディナー」に出かけました。

No.155:タワマンの脆弱さ (2019年12月31日)

 10月12日の台風19号で、近くの47階建て高層マンションの地下室が水没し、停電、断水が何日も続きました。エレベータが使えず、料理はできず、トイレも使えません。囲碁サークルのメンバーに住民の方が数人おられ、階段の上り下りで足がおかしくなった、とのことです。電気システムが地下に集中しているタワマンの脆弱さが露見したと、マスコミにも大きく取り上げられました。

No.143:キャベツの効果は大きかった? (2018年12月31日)

 東京駅発の大型バス、乗客は私と妻と妻のお母さんの3人だけでした。二度の入院や圧迫骨折などがあって、今年はもう遠出はできない、と思っていたお母さんが元気になって我家に来れたので、福島県いわき市にある常夏のスパリゾート、ハワイアンズ行きのバスで出かけたのです。途中、妻の妹と合流した北千住でそこそこの人が乗り込んできました。現地も結構の人、平日とは思えない賑わいです。各所から無料送迎バスが出ているので、豊富な源泉をかけ流した大きな風呂と映画にもなったフラガールのショー、温水プールなどを気軽に楽しめます。

No.136:今年の春の旅行 (2018年05月31日)

 「予約は来週です、今日ではありません」と言われて唖然としました。歯医者さんに電車で出かけ、受付で言われるまで全く気付かないという、自分の勝手な思い込みの激しさに唖然としたのです。茅ヶ崎の90歳の女性ドライバーが4人もの死傷事故を起こしたのは、「信号は赤だとわかっていたが、歩行者が渡り始めていなかったので通過できると思った」という勝手な思い込みによるものでした。この異常ともいえる自信は、年齢を重ね、経験を重ねた者特有なものなのでしょうか。歳をとったらより「小心」でいないととんでもないことになりそうです。

No.134:埼玉(さきたま)古墳群 (2018年03月31日)

 ブロッコリが驚きの150円、野菜高騰時期だったこともあり、それを見た途端にテンションが一気に上がりました。産地直売の「道の駅」、広い店内に野菜や果物がところ狭しと並んでいます。イチゴが特産のようで、中央に大きなスペースを占め、沢山の人が取り囲んで買物中です。パックの一つひとつを手に取りながらの、近寄り難い、真剣な雰囲気、達人はまず生産者名を見るとか。我々は、大きさ、形、色、値段を見比べて、2パック購入しました。帰宅後すぐに食べてみると、甘さが口の中いっぱいに広がり、"もぐもぐタイム"に自信を持って推薦できる味と食感でした。

No.131:運慶展 (2017年12月31日)

 先月、友人を誘って運慶展に出かけました。お目当ての一つは重源(ちょうげん)上人坐像(東大寺俊乗堂。国宝)、源平の争乱で焼失した東大寺を復興した僧侶の坐像です。運慶は、貴族社会から武家社会に移行する過渡期に活躍した仏師で、日本のルネサンス彫刻と称賛する人もいて、圧倒的な力強さと徹底的なリアリティなどで、人々に感銘を与えています。


タイトルとURLをコピーしました