国内旅行

No.116:北海道新幹線開業記念 大人の休日パス

 函館から先は全列車運休です、との車内アナウンスに唖然としました。迷走台風、10号が日本海に抜けた翌日の秋晴れの日、ルンルン気分で乗り込んだ北海道新幹線はやぶさ号新函館北斗行でのことです。北海道での台風被害は知っていましたが、函館から先が不通だとは、全く知りませんでした。他の被害が大きく、運休はニュースにもならず、東京駅でのお知らせもありませんでした。

 「北海道新幹線開業記念 大人の休日パス」、新幹線を含めた東日本・北海道JR全線5日間乗り放題の旅、函館から先に行けなければ意味ありません。車内では、同じパスでの旅らしき同年代の人たちが目立ちます。函館駅に着くとたくさんの人、線路被害情況と復旧見通しを駅員が総出で説明していました。今日は函館泊なので、明日運行されれば問題ないのですが、明日のことは夕方にならないと分からないとのことです。

 駅では、足止めをくらった人たちが今日の宿を懸命に探しています。ホテルに着いたときも、札幌からの電車が来ないので空く部屋があるだろう、とフロントに詰め寄っている人がいました。函館はどこも満室なのかもしれません。ホテルロビーにあるパソコンを見ながら、これからどうしようかと考えていたとき、同年代と思われるご夫婦が隣のパソコンを操作し始めました。話しをしてみると、やはり大人の休日パスの旅でした。函館は2泊目なので、宿がとれるのであればレンタカーで札幌まで行こうかと二人で相談しています。我々も一緒に、と言おうとしましたが、帰れなくなると困るのでやめました。

 函館を半日観光して、夕食後駅に行くと、やはり明日も全列車運休、明日の旭川、明後日の函館のホテルをキャンセルして、青森のホテルをとりました。これで、旭山動物園の筒状水槽内を上下するアザラシも、のんびり走る富良野・美瑛ノロッコ号も、ファーム富田のメロン・ソフトクリームも、富良野町でのオム・ソーセージカレーも、全て夢と消えました、残念。


三内丸山遺跡、遠方に八甲田山<写真へのクリックで拡大できます>

 急きょ立寄った青森での観光は三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)、縄文時代中期の集落を再現しています。縄文時代は1万年以上、次の弥生時代に入ってから現在までが2300年ですから、とてつもなく長く続いた時代で、世界史でも他に例がないそうです。遺跡には集会場と思われる大型竪穴式住居や見張り台と思われる高い塔もあります。500戸余の大集落、狩猟文化でこのように大規模な集団生活が維持できたのは奇跡、とも言われています。豊かな自然と共に生きる日本人の気質、知恵があったからこそ、という専門家の見解があり、日本人の原点がここにある、という気がします。新潟・糸魚川のヒスイが発掘されているのも驚きです。

 5日間パスなので残りは2泊3日、最後に1泊する予定だった糸魚川の妻の実家に行くことにしました。2年ぶりです。新幹線乗り放題だからこそ長距離でも気軽に移動できます。飲み放題、食べ放題の魅力は歳とともに薄れていますが、乗り放題はありがたいシステム、旅行と帰省が同じ切符でできるのです。函館と青森で美味しいお寿司をいただき、妻の実家で団らんを楽しんだ旅行となりました。

の記事

No.204:年末年始は今年も京都 (2024年01月31日)

 年末年始は京都でした。3年連続ですが、どこを歩いても楽しく、街歩きに飽きることはありません。今回は、嵐電1日パスでの名所巡り、大津、宇治に足を延ばしての「紫式部ゆかりの地」巡りでした。6日間で11.5万歩、二人でぶらぶら歩いた楽しい旅でした。

No.202:北陸の旅 (2023年11月30日)

 カニ漁の解禁が今月初め、しかも今年は豊漁とのこと、カニへの期待を膨らませて金沢に3泊した旅でした。ズワイガニを目の前で茹でててくれる居酒屋でいただきましたが、期待が大きすぎたためか、少し物足りなさを感じました。カニといえばカニカマ、という普段の生活なので、あの大きさと食感がないと満足できないようです。でも、お寿司屋さんでは、のどくろやガスエビといった北陸の美味しさに大満足、同じ店に2日出かけ、「たくさん食べていただきありがとうございます」とお礼を言われました。美味しいお寿司をたくさん頂きました。

No.201:14回目の会社同期会 (2023年10月31日)

 同期入社を中心とした、かつての遊び仲間が岐阜・下呂温泉に集まりました。関西在住6名、関東在住6名の12名のうち、今回は8名、同伴奥さん4名で計12名の参加でした。会社在籍中から家族ぐるみでの付き合いです。

No.200:恐山と奥入瀬渓流 (2023年09月30日)

 友人夫妻との旅行、今回は恐山と奥入瀬渓流でした。我々夫婦だと電車、バス、徒歩での旅行なので、車を運転する友人との旅行は、車でしか行けないところ、あるいは車でないと便が悪いところ、となります。今回は、新幹線と在来線で下北半島のむつ市に、そこからレンタカーで、霊場恐山、本州最北端大間崎、下風呂温泉、車で南下して、ミシュラン・グリーンガイド二つ星の奥入瀬渓流、カルデラ湖の十和田湖、田沢湖近くの国見温泉、そして盛岡から新幹線で東京、という行程でした。

No.199:今年の夏は大花火大会 (2023年08月31日)

 長岡まつり大花火大会を見物しました。日本一の花火大会と言われるだけあって、全国からたくさんの人が押し寄せ、宿が取れません。そこでバスツアーに参加、花火終了後の宿は遠く離れた越後湯沢で、大会終了後の混雑もあって、ホテル到着が夜12時半、寝たのが午前2時でした。そんなハードなツアーでも行った価値は十分ありました。

No.198:睡眠は改善したものの・・・ (2023年07月31日)

 スマートウォッチによる睡眠の質が「良し」となる「睡眠スコア80以上」の日が続いています。記録し始めた昨年7月から、30日移動平均が75から80の間で上下していましたが、今年6月から80超えで安定し、現在82超えとなっています。ですから免疫力には少々自信があったのですが、7月に帯状疱疹になってしまいました。年金生活者にとって、健康維持は大切なお仕事、お務めのようなものですが、いろいろ努力しても歳には勝てない、ということなのかもしれません。

No.196:伊豆大島G7 (2023年05月31日)

 今月、伊豆大島にG(爺)7が集結しました。大学同期の部活仲間7人、島を観光し、椿油での贅沢なフォンデュをいただき、濃厚な大島牛乳やそのアイスを味わい、夜の勉強会では2人の真剣な議論を子守歌に4人が眠りに陥りました。昨年11月の新潟県松之山温泉での53年ぶりの合宿、その楽しさがまたまた再現されたのです。

No.195:春、日本のベストシーズン (2023年04月30日)

 風邪をひき、1週間おとなしくして、やっと回復しました。その間、かなり弱気になっています。月並みですが、健康のありがたさ、大切さを改めて感じました。健康第一、と考え、出来るだけのことはしていても、病気になるときはなるものです。

No.194:旅は2泊3日がちょうどいい (2023年03月31日)

 今月は、広島原爆ドーム、厳島神社、錦帯橋、足立美術館、出雲大社を「3日間でじっくり巡るツアー」に参加しました。いつかは訪れたいと思っていた名所ばかりで、しかもそれぞれに時間をかけての見物で、盛りだくさんの慌ただしいツアーにはない、充実感がありました。

No.192:年末年始は京都 (2023年01月31日)

 ちらついていた雪がすっかりやみ、陽が差してきた長野善光寺参道、隣で妻が食べるアップルパイの甘い香りの中、私は野沢菜おやきをいただきました。この日は誕生日、おそばを食べ、栗おこわを買い、信州の美味しさでのお祝いとなりました。あと4年で80歳、80歳の誕生日もこのように旅先で迎えることができるのでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました