暮し

No.115:抜歯


愛犬モモの抜けた歯(右)<写真へのクリックで拡大できます>

 「抜歯になると思います」と歯医者さんに言われて慌てました。2年ほど前に抜歯して、自分自身の歯がいかに大切かを知ったからです。歯ぐきに白い点が2つでき、レントゲンを撮ると、かなり昔に神経を抜いた歯の根元が化膿し、骨を溶かし、歯ぐきを突き抜けて細いトンネルができていました。セラミックの被せ物を取り除いて、神経を抜いた跡の根元内側の空洞をきれいにして、殺菌し、1週間様子を見ましたが、1つは消えたものの、もう1つが消えません。

 こうなると、歯の根元外側から治療する必要があるが、化膿が消えないので、おそらく歯自体が損傷しており抜歯が必要となるだろう、と言われました。抜歯などとんでもない。前回の抜歯、インプラントにすればいいや、と軽く同意してしまいましたが、その後、抜歯箇所が狭いのでインプラントはリスクが大きく、ブリッジや差し歯は健康な両隣の歯を弱め、ドミノ倒しのように歯が抜けていくリスクがあることを知り、悔やんでも悔やみ切れない思いをしているのです。

 本当に抜歯しかないのか、別の歯科医に意見を求めました。1人目は、「二度と入れ歯や差し歯を入れたくない」人のために、とホームページにあったので行ってみました。これがどうみてもひどい歯科医、助手とのコミュニケーションが悪く、治療中に怒鳴るし、狭い治療室には所狭しと物が置いてあり、無造作に置かれた治療器具に清潔感はなく、私の胸に掛けられたタオルには血が付いています。「頼れる歯科医9人」という本で紹介されている1人なのですが、とても頼れる医者ではありません。後でネットを見ると、この出版社はその多くが自主出版らしいのです。いわいる宣伝本で、ある本では薬事法違反で告訴されています。

 2人目は、「『削る・抜く』から『守る』へ」とホームページにあったので行きました。スウェーデンでの歯のケア方式の素晴らしさなどを丁寧に説明、このため診察は1時間半近くに、週1回来ているアルバイト先生で、時間給だからなのでしょうか、たまたま次の患者がいなかったのでしょうか、時間をあまり気にせずにべらべらしゃべる先生を信頼することはできませんでした。それに、前回抜歯した奥歯について、狭い場所へのインプラントであれば埋め込む土台を長めにすればよい、と自信たっぷりでしたが、神経などが近くを通っている奥歯での長めの土台がかなり危険であることを後から知りました。信頼できない、という直観は正しかったようです。

 2人の歯医者ともに、根元の情況によっては抜歯、そうしないと隣の歯にも影響する、という意見でした。それで、仕方なく今までの歯医者さんに3週間ぶりに行きました。すると先生が、あれ、良くなってますね、と。私にはよく分からないのですが、先生には分る様で、この状態であればもう少し様子を見ましょう、ということになったのです。それから5週間後、歯内側の処置をして新しい被せ物が完了したときには、細いトンネルはすっかり消え、骨と肉に戻っていました。

 殺菌してから1週間すれば腫れは引く、という標準の人に対して、私の場合は1週間以上かかった、ということのようです。お伊勢さんへの歩き旅で疲れ、免疫力が極端に落ちていたために化膿し、殺菌してもなかなか腫れが引かなかったのではないかと推測しています。医者は、それぞれの個体差や生活状況までは分からず、平均値や経験値で判断せざるを得ません。

 2年ほど前の抜歯では、被せ物がぐらついたので診てもらったとき、様子を見ましょうと言われ、その後の食事で歯本体が折れ抜歯となってしまいました。歯本体が折れる可能性に全く言及しなかった先生を、基本的には信用していません。今回もあのままだったらほぼ間違いなく「抜歯」の勢いでした。かといって他に良さそうな先生は見つかりません。お医者さんも所詮は人、判断ミスも当然あるわけですから、重要な決定は立止まって冷静になって熟考することが大切なのだと思います。自分のことは自分で守るしかないのです。

の記事

No.175:囲碁三昧の日々 (2021年08月31日)

 「何で(事務所に)来ないの!!」と事務所のボスに責められぎみです。事務所への往きは歩きなので、感染の危険は渋谷スクランブル交差点付近ぐらいですが、帰りは電車なので、小さいとはいえ感染リスクがあります。感染力の強いデルタ株で感染が爆発しており、どこに感染者がいるか分かりません。それに、感染したら自宅療養、という切迫した医療状況なので、避けることができるリスクは避けるべきでしょう。

No.174:月を眺めるひととき (2021年07月31日)

よく出会う80代と思われるお二人、ご夫婦に違いなく、女性は杖代わりのように男性の腕をつかんでゆっくりゆっくり歩いています。お二人に出会うのは夕食後の妻との散歩のとき、我々の10年後を想像してしまいます。どちらかを杖代わりにして散歩しているでしょうか。お二人の歩きはおそらく健康のためでしょう、敬意をもって見つめています。

No.173:約15万円の米国給付金が届きました (2021年06月30日)

 先月、米国財務省発行の1400ドル(約15万円)小切手が届きました。「Economic Impact Payment」とあり、日本でいう給付金です。米国駐在は25年以上前のこと、しかもわずか3年半の納税者だった者にまで給付金が支給されるなんて、さすが米国、お金持ち、太っ腹、と喜び勇んで銀行に現金化をお願いしました。

No.172:ワクチン接種のWEB予約 (2021年05月31日)

 「本当??よかった!!そのうちご馳走するよ」と兄貴の喜んだ声を聞いて、やってあげてよかった、と思いました。兄貴夫婦のワクチン接種をWEB予約してあげたのです。WEB予約は高齢者には難しく、兄貴夫婦も娘さんからスマホ操作を教えてもらおうとしたのですが、無理と分かって、電話予約となりました。WEB予約よりも1時間早く開始された電話予約、夫婦二人で電話をかけ続けたが全然つながらなかった、とのことでした。WEBは私の得意分野、役に立つことができて、ちょっと鼻高です。

No.170:アップルパイを買いに出かけました (2021年03月31日)

 妻と協議した結果、自由が丘にアップルパイを買いに行くこととなりました。お店は、自宅から歩いて1時間強のところにあります。緊急事態宣言で在宅(勤務?)となったため、通勤用回数券が有効期限切れとなるのです。

No.168:近況報告 (2021年01月31日)

 新卒入社し、定年まで無事務めた会社のおかげで、暮しに困ることも、健康を害することもなく今日まで過ごしてきました。会社への感謝は言葉では言い尽くせません。今回、在職中にお世話になった方々に近況をお知らせできる機会がありました。会社の企業年金機関誌に次の内容を掲載していただいたのです。

No.160:巣ごもり生活 (2020年05月31日)

 「巣ごもり生活はいかがですか。私はだいぶ慣れてきたような気がします」とメールすると、「巣ごもりの日々、全く馴染みません アハハ!Hさんは順応性が高くて羨まし!」との返信がありました。この順応性の高さこそ私の強みだったのかもしれません。アメリカ駐在にしても、製造業から広告業という全く異なる会社への出向にしても、それなりに楽しくやってこれたのも、この資質が大きな力となったのでしょう。

No.157:食べ物の記憶 (2020年02月29日)

 先月は誕生月だったので、歳の数だけの無料餃子でお祝いしてくれる店で、大学時代の友人たちと飲みました。73個と数が多いので「太田胃散を持参したほうがいいでしょうか?」と言う友人もいましたが、いざ飲みだすと、6人もいたからか、ペロリとたいらげてしまいました。みんな元気です。四方山話に話が弾み、楽しいひとときでした。

No.150:お金の使い方 (2019年07月31日)

 お金の使い方は人それぞれです。年金暮らしの知人は海外に一人で遊びに行きます。一人でお金を使って、との奥さんの不満をよそに、お金は使うためにある、と言いながらいそいそと出かけます。私にはなかなかできません。一緒に喜べる人がいないと楽しくないのです。妻や友人夫妻と旅行したり、食事をしたり、たまには若い人にご馳走したり、とかで、一緒に楽しめることにお金を使います。もっとも、その方は誰とでも仲良くなれるので、旅先で知合った人と一緒に楽しむということなのかもしれません。

No.149:東京オリンピックのチケット抽選 (2019年06月30日)

 勤務先の事務所から見える新国立競技場、新宿御苑の緑の先で頭を出しています。2年前からの何本ものクレーンが姿を消し、工事用の外枠も撤去されて、いよいよ東京オリンピック、という雰囲気になりました。観戦チケットの抽選があり、応募しましたが、当然ながら落選、750万人もの申込IDの中で当たるわけがありません。しかも、競技を選ばないまま締切り前日となり、妻と2人で申し込んだのが開会式と閉会式、おそらく当選確率最低のチケットだったことでしょう。


タイトルとURLをコピーしました