国内旅行

No.068:大人の休日倶楽部パスの旅

 昨年の夏は「北海道&東日本パス」、普通列車7日間乗り放題1万円の旅でしたが、今年は「大人の休日倶楽部パス」、新幹線も含めた4日間乗り放題1万5千円の旅となりました。普通列車からいきなり新幹線にグレードアップ、昨年9時間以上かかった盛岡が今年は2時間半です。

 パスの名称からも分かりますが、ジパング倶楽部会員専用、65歳から入会できるので5ヶ月ほど前に入りました。200キロ以上のJR切符であれば、最初の3枚が2割引、4枚目から3割引となります。6月に京都2回と大阪1回を往復し、今回のパスで4回目の旅行、このうちどうしても行かなくてはいけなかったのは京都だけ、その他はこの倶楽部特典が背中を押しています。まあ、JRの戦略にまんまと乗せられている、あるいは、喜んで戦略に乗っている、ということのようです。

大人の休日倶楽部パスの旅
武家屋敷通り

 旅行は秋田の角館、見どころは何といっても武家屋敷通り、幅11メートルという広い通りの両側に武家屋敷の黒板塀が続き、その塀を覆うばかりの大きな枝垂桜が屋敷内から伸びています。武家屋敷には樹齢200年もの大木もあって、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色、などの素晴らしさが想像できます。唯一のシーズンオフが真夏、しかも40年ぶりの猛暑というか残暑でした。でも、3000坪もの武家屋敷が分割もされずに残り、200年前の屋敷が今でも住めるほどに維持されている姿は見ごたえがあります。1976年、岐阜高山の白川郷などとともに最初の重要伝統的建造物群保存地区となったのもうなづけます。「たそがれ清兵衛」など、多くの時代劇のロケ地となっています。

 桧木内川(ひのきないがわ)堤の全長2キロにわたるソメイヨシノも有名で、桜の時期には150万人もの人が訪れるそうです。国名勝に指定されています。早朝のひっそりした堤で、心地よい川風を受けながら涼しい木陰をぶらぶらしています。真昼には、堤沿いにあった名物「もろこし」、あずきで作ったラクガンのようなお菓子、の店でもろこしソフトクリームをいただきました。もろこし味とミルクのコンビネーションで美味しさを倍増しています。店頭で食べながらふと道向こうを見ると、ババヘラアイスとあります。お婆さん(ババ)がヘラでシャーベットをバラの花の形ちにしてくれる秋田名物、ソフトに続いてこれも食べました。形ちだけでなく、味もなかなかです。また、ここで手を洗った井戸水、その冷たさ、気持ちよさは格別でした。唯一のシーズンオフであっても、それなりに楽しみがあるのです。昼食の地鶏は味付けが濃くていまいちでしたが、夕食の豆腐料理は大変美味しくいただきました。水が美味しいところなのでしょう。豆腐の味は水で決まるといいますから。

 角館で1泊して、翌日は盛岡で美味しい冷麺を食べてゆっくりしてから、大宮で上越新幹線に乗換えて糸魚川へ、妻の実家に行きました。新幹線や特急だからこそできる移動です。改札口やみどりの窓口で同じパスを持った方を見かけています。前日の新幹線でも、同じ車両の3分の2ほどの乗客がこのパスの利用者とおぼしき人たちでした。夫婦のどちらかが65歳以上であれば二人とも入会できるためか、夫婦連れが多く、昨年の「北海道&東日本パス」とおぼしき人たちが、初老の男性や若い女性の一人旅、中年女性や若い男性のグループ旅だったのとは少し違う雰囲気です。一昨年の「青春18キップ」、昨年の「北海道&東日本パス」と、普通列車の旅もそれなりに楽しかったのですが、今年新幹線の旅を味わってしまってからは、普通列車には戻れないかもしれません。

の記事

No.185:草津温泉 (2022年06月30日)

 4月に家を売却したお金をどうするか、夫婦で考えましたが、なかなか思いつきません。投資して増やすのは、減るリスクもあり、時間も労力も必要で面倒、この歳になったら投資よりも消費だろう、ということなのですが、お金を使い慣れていないので、これが難しいのです。さしあたり旅行、それに美味しいものを食べよう、ということになりました。

No.184:試し歩き2 (2022年05月31日)

 昨年秋に続いて2回目の東海道試し歩き、日帰りで32キロ歩いて、15日で伊勢神宮までの距離(459km)というのが今回の目論見でしたが、結果は1日22キロ歩いて16日で名古屋の熱田神宮までの距離(347km)どまりとなりました。初日の25キロあたりから腰が痛くなり、2日目は10キロほどから強い腰痛、3日目には14キロで腰痛でギブアップ、電車で帰る、というスタートでした。そこでやめればいいものを、「たかが10キロ程度で腰痛なんて」とても納得できず、歩き続けました。

No.180:年末年始は京都でした (2022年01月31日)

 20年ほど住んでいた京都ですが、お正月を過ごした覚えがありません。そのため、年末年始の京都、とても楽しみでした。12月31日朝早くから家を出て、1月5日夜に帰宅、5泊6日の比較的ゆったりした京都滞在です。いたるところが観光スポットで、行くところに困ることは無く、美味しいものもたくさんあります。

No.179:沖縄旅行 (2021年12月31日)

沖縄は妻も私も初めてです。ツアーなので気楽、前準備もほとんどせず、その分印象の少ない旅行だったかもしれません。「憧れの沖縄リゾートステイ4日間」という新聞折込チラシを見て、コロナ感染が落ち着いているうちに、と申込みました。

No.178:1年ぶりの旅行 (2021年11月30日)

 コロナ感染の第六波が来ないうちに温泉に行こうと友人夫妻と出かけました。旅行は1年ぶり、同じメンバーです。1年前は、旅行から帰ったとたんに第三波が急激に立ち上がり、ぎりぎりのタイミングでした。その後第四波、第五波と立て続けに襲来し、やっと落ち着いてきたので出かけたのです。

No.166:GoTo中山道 (2020年11月30日)

 店頭のメニュー板にある「うまい五平餅」のとおり、美味しい五平餅でした。中山道・奈良井宿「かなめや」さん、宿場町の見物中に出会った地元の中年女性が勧めてくれた店です。築140年以上とのこと、テーブルにもなる幅広木枠の囲炉裏、むき出しの黒く太い梁、貫禄ある古民家でした。

No.165:GoToキャンペーン (2020年10月31日)

 GoToキャンペーンがお得です。横浜市助成金が1人5,750円出て、6,900円で参加できる「ホテルでの昼のフレンチフルコース」と、助成金1人3,750円て、4,500円となる「横浜中華街スペシャルディナー」に出かけました。

No.136:今年の春の旅行 (2018年05月31日)

 「予約は来週です、今日ではありません」と言われて唖然としました。歯医者さんに電車で出かけ、受付で言われるまで全く気付かないという、自分の勝手な思い込みの激しさに唖然としたのです。茅ヶ崎の90歳の女性ドライバーが4人もの死傷事故を起こしたのは、「信号は赤だとわかっていたが、歩行者が渡り始めていなかったので通過できると思った」という勝手な思い込みによるものでした。この異常ともいえる自信は、年齢を重ね、経験を重ねた者特有なものなのでしょうか。歳をとったらより「小心」でいないととんでもないことになりそうです。

No.134:埼玉(さきたま)古墳群 (2018年03月31日)

 ブロッコリが驚きの150円、野菜高騰時期だったこともあり、それを見た途端にテンションが一気に上がりました。産地直売の「道の駅」、広い店内に野菜や果物がところ狭しと並んでいます。イチゴが特産のようで、中央に大きなスペースを占め、沢山の人が取り囲んで買物中です。パックの一つひとつを手に取りながらの、近寄り難い、真剣な雰囲気、達人はまず生産者名を見るとか。我々は、大きさ、形、色、値段を見比べて、2パック購入しました。帰宅後すぐに食べてみると、甘さが口の中いっぱいに広がり、"もぐもぐタイム"に自信を持って推薦できる味と食感でした。

No.130:正倉院展 (2017年11月30日)

 友人から「正倉院展に行こう」との電話、展示会は遠い奈良ですが、本人は行く気満々です。しかもわずか「1泊で」と。つい最近新車を買ったので出かけたいに違いありません。それにしてもかなりの遠出、片道6時間以上かかるので、せめて2泊にしたかったのですが、私の勤務先での調整がつかず、1泊となりました。出発は6日後、ホテルをどうにか確保して出かけました。


タイトルとURLをコピーしました