暮し

No.069:新聞も読むようになりました

 朝ドラを見るようになって、友人から、少しは人並みになった、と言われましたが、最近新聞も読むようになりました。いままでの日経新聞に加えて産経新聞をとるようになり、この産経を読むついでに、ほとんど読まなかった日経も読んでいます。全体的に、日経のほうが信頼できそうですが、産経のほうが面白い。

新聞も読むようになりました
暖かいシーツにもなる新聞

 最初に見るのが一面にあるマンガ「ひなちゃんの日常」、実にほほえましく、1日のスタートにふさわしい内容です。大好きなスヌーピーの連載も見逃せません。司馬遼太郎作品からの一言を毎日取り上げて解説する「司馬作品で読む日本史」もなかなか味わいがあります。どの一言にも司馬さんの歴史観が詰まっていて、読み応えがあり、楽しめます。作品のほとんどを読んではいますが、若い頃のことなので、その多くは覚えていません。でも読むと司馬さんの世界が広がり、若い頃を思い出すこともあります。仕事に出かけない日は朝食後にゆっくり読み、少しだけリッチな気分の朝となります。

 ニュースは主に政治関連を、経済、社会はたまに、といった感じです。勤務先事務所には政治家の方もときどき来られて、お話はしませんが、間近で見て、その人柄に感銘を受けることがあり、そういった方々に関連した記事を読みます。今回自民党総裁になられた安倍晋三さんもそのお一人で、関連記事が最近多いのでよく読んでいます。

 先月の総裁選では、「安倍晋三 総裁選決起集会」に事務所のボスとともに出かけました。冒頭に述べた友人も参加したので、ボスに紹介したら、(私に)よく(事務所の仕事が)務まっていますね、といきなり切り出しました。テレビも見ない、新聞も読まない、世の中に疎い、そんな者がよく務まっているなぁ、という意味なのでしょう。友人は、新聞はこまめに読んでいるし、国会中継などもしっかり見ているようで、世の中の動きに敏感です。ボスは、初対面での友人の言葉に少し面喰った様子でしたが、仲がいいのね、とフォローしてくれました。考えたら、世情に疎い私でも何とか務まっている今の事務所、定年後の職場としては最高なのではないでしょうか。

 新聞を少々読むようになったからといって疎さが改善されることはないでしょうが、朝のささやかな楽しみとはなっているようです。それに人並みにまた近づいた、ということにもなります。

の記事

No.183:帝国ホテル特製フレンチトースト (2022年04月30日)

 京都、横浜、シカゴ、銀座など、「おしゃれ」を連想させる地域が勤務地でした。そして今、内幸町の帝国ホテル東京となり、「高級」という響きが加わりました。おしゃれや高級とは最も縁遠い私が、そんなところで働くなんて、不思議なめぐり合わせです。最近暑くなってきて、半そでTシャツでの出勤、そんな恰好だと帝国ホテルに入れてもらえないわよ、と妻に言われながら出かけます。

No.182:マンションの売却 (2022年03月31日)

 貸していたマンションを売却しました。入院中の長兄が自宅を売ろうとしたのですが、そのうち物事の判断ができなくなり、売るに売れない状況になりました。家が売れたのは長兄が亡くなってからです。そんなことがあって、80歳までには売却しておきたいと考えていました。

No.181:勤務先は帝国ホテル (2022年02月28日)

 事務所のボスが事務所兼自宅を売却して新しいマンションを購入しました。マンション完成まで2年弱あるので、それまでを帝国ホテル東京で過ごすと決め、昨年の12月からホテルに住んでいます。このため、私の勤務先が帝国ホテルとなり、それまで歩いていた自宅から新宿が、自宅から内幸町となりました。

No.175:囲碁三昧の日々 (2021年08月31日)

 「何で(事務所に)来ないの!!」と事務所のボスに責められぎみです。事務所への往きは歩きなので、感染の危険は渋谷スクランブル交差点付近ぐらいですが、帰りは電車なので、小さいとはいえ感染リスクがあります。感染力の強いデルタ株で感染が爆発しており、どこに感染者がいるか分かりません。それに、感染したら自宅療養、という切迫した医療状況なので、避けることができるリスクは避けるべきでしょう。

No.174:月を眺めるひととき (2021年07月31日)

よく出会う80代と思われるお二人、ご夫婦に違いなく、女性は杖代わりのように男性の腕をつかんでゆっくりゆっくり歩いています。お二人に出会うのは夕食後の妻との散歩のとき、我々の10年後を想像してしまいます。どちらかを杖代わりにして散歩しているでしょうか。お二人の歩きはおそらく健康のためでしょう、敬意をもって見つめています。

No.173:約15万円の米国給付金が届きました (2021年06月30日)

 先月、米国財務省発行の1400ドル(約15万円)小切手が届きました。「Economic Impact Payment」とあり、日本でいう給付金です。米国駐在は25年以上前のこと、しかもわずか3年半の納税者だった者にまで給付金が支給されるなんて、さすが米国、お金持ち、太っ腹、と喜び勇んで銀行に現金化をお願いしました。

No.172:ワクチン接種のWEB予約 (2021年05月31日)

 「本当??よかった!!そのうちご馳走するよ」と兄貴の喜んだ声を聞いて、やってあげてよかった、と思いました。兄貴夫婦のワクチン接種をWEB予約してあげたのです。WEB予約は高齢者には難しく、兄貴夫婦も娘さんからスマホ操作を教えてもらおうとしたのですが、無理と分かって、電話予約となりました。WEB予約よりも1時間早く開始された電話予約、夫婦二人で電話をかけ続けたが全然つながらなかった、とのことでした。WEBは私の得意分野、役に立つことができて、ちょっと鼻高です。

No.170:アップルパイを買いに出かけました (2021年03月31日)

 妻と協議した結果、自由が丘にアップルパイを買いに行くこととなりました。お店は、自宅から歩いて1時間強のところにあります。緊急事態宣言で在宅(勤務?)となったため、通勤用回数券が有効期限切れとなるのです。

No.168:近況報告 (2021年01月31日)

 新卒入社し、定年まで無事務めた会社のおかげで、暮しに困ることも、健康を害することもなく今日まで過ごしてきました。会社への感謝は言葉では言い尽くせません。今回、在職中にお世話になった方々に近況をお知らせできる機会がありました。会社の企業年金機関誌に次の内容を掲載していただいたのです。

No.160:巣ごもり生活 (2020年05月31日)

 「巣ごもり生活はいかがですか。私はだいぶ慣れてきたような気がします」とメールすると、「巣ごもりの日々、全く馴染みません アハハ!Hさんは順応性が高くて羨まし!」との返信がありました。この順応性の高さこそ私の強みだったのかもしれません。アメリカ駐在にしても、製造業から広告業という全く異なる会社への出向にしても、それなりに楽しくやってこれたのも、この資質が大きな力となったのでしょう。


タイトルとURLをコピーしました