友人

No.063:中学の同窓生

 中学同窓生との会話が予想外に楽しい。45年間ほとんど交流がなかった割には、共感や納得が多々あるのです。考え方や生き方が似ているためかもしれません。2年前から飲み会を始め、今月初旬に3回目がありました。初回は少しぎこちなさがありましたが、3回目となると最初から本音トーク、それも楽しい一つです。そのうちの一人は大学教授で、大学院を出て就職した大学で今も頑張っています。特に彼と話が合うのですが、それは私も、大学院を出て就職した会社で定年まで務めた同じような道のりだったからかもしれません。

 彼が若いころにやっていた予備校講師のアルバイト、それは厳しいものだった、との話がありました。受講する生徒の数で収入が決まる、人気のない講師は収入も少なく、不人気が続けば辞めざるを得ない、そんな中で、友人の授業は受講待ちができるほどの、いわいる行列のできる授業だったそうです。教えることには自信がある、と言い切ります。

 大学の先生になったときに、研究分野ではなく教育分野で勝負しようと考えたそうです。研究では勝てないと。そんな彼にとって、予備校講師の経験はいい経験だったと言います。自分の居場所を確保するために頑張るのは誰しも同じでしょうが、競争の激しい団塊世代はその思いがより強いような気がします。椅子取りゲームのようなもので、取れそうな椅子があればすかさず取る、それも遠くにあるリスクの高い椅子よりも、近くの確実な椅子を。私も、就職するときに、これなら勝負できるという会社と職種を選びました。関東ではほとんど知名度のなかった関西の電機メーカーでしたが、やっていることの将来性と、ここなら自分の実力を十分に発揮できる、勝負できると考えたのです。彼同様に、確実な椅子を取りに行ったのです。

 工業高校だったので、大学受験のための授業はありません。助けてくれる先生がいたものの、基本は自分自身で受験勉強するしかないのです。そんな経験を経て大学で教えるようになった彼は、授業への出席よりも、生徒自身でどれだけ勉強したかを重要視しています。自分で勉強さえすれば、授業には出なくてもいい、と生徒に言っているそうです。大学受験の成功で得た自信がそんなやり方を取らせているのではないでしょうか。そのとき得た自信の大きさが、同じような環境下で受験経験をした私には想像できるのです。私の場合は、そういった自信がその後の人生を前向きなものにしてくれました。彼にもそんなことを感じるのです。

 大学教授の定年は70歳、1コマ90分授業などはなんともなかった若いころとは違い、最近はしんどい、と言いつつも、早期に退職した同僚が辞めて数年後に亡くなったのをみて、やはり現役を続けよう、と考えているようです。私も、週2日といえどもまだ働いているので、まだまだ彼と同じような道を歩んでいるのではないでしょうか。これからも共感や納得のできる会話が楽しめそうな気がします。楽しみです。

の記事

No.161:会社仲間とのオンライン飲み会 (2020年06月30日)

「この中で、誰が一番早く(10万円の特別給付金を)受け取るか、楽しみだ」、行政の効率の悪さ、IT化の遅れをみんなで嘆いていたときの一言です。会社仲間とのオンライン飲み会でのこと。毎週金曜日、夜6時から10時頃までの4時間ほど、いろいろな...

No.159:オンライン飲み会 (2020年04月30日)

 人から人に感染する新型コロナウイルス、無症状の感染者がいるので、自分も含めて、人はコロナ、だと思っての行動が必要です。このため、日々のウォーキングで人と1m以内ですれ違うときは息を止めています。数秒で、ソーシャルディスタンスの2mは確実に離れます。ジョギングしている人のときはもう少し長く息を止め、かつ道の反対側に移動します。

No.154:勉強会 (2019年11月30日)

 幹事会開催の案内メールが届きました。大学卒業50周年記念部活同期会の世話役だった3人で飲もうという誘いです。同期会に一番熱心だった友人からで、東京での市民大学講座のために栃木から出て行くので付き合え、ということなのです。日程調整の結果、講座最終日に新宿で飲むこととなりました。

No.145:卒業50周年記念同期会 (2019年02月28日)

 大学を卒業して今年で50年、この節目を迎えての部活同期の集いを開催することとなりました。積極的に、「やろう!!」いう面倒見の良いのが1人いて、それに引っ張られるように私ともう1人、計3人の世話役トリオでまず連絡先調査から始めました。同期は14名、たかだかこの人数の集まりなのに、事前打合せを3回も、開催当日は2時間前に世話役トリオで集まって最終確認、という念の入れようでした。そのおかげか、14人中12人が参加して、楽しい時間を過ごすことができました。

No.140:浅草木馬館大衆劇場 (2018年09月30日)

 「きれいだねぇ」、うっとりした口調で隣の女性がつぶやきました。浅草木馬館、絢爛豪華な衣装をまとい、美女に変身した男性が妖艶な舞踊を披露しています。美しい顔立ちと美しい身のこなし、夢中になる女性がいるのも不思議ではありません。166席の小劇場は満席、通路に追加された小さな丸椅子も満席、ほとんどが女性で、30歳台から70歳台と幅広く、お洒落をしての観劇です。

No.137:3回目の「男の料理教室」 (2018年06月30日)

 3回目の「男の料理教室」、今回はバーベキューでした。いつもの友人宅、マンション専用庭園にバーベキュースペースがあります。いつものようにまず男性陣が集合し、買出し、下ごしらえ、火起こしをして、焼き終わって乾杯というときに最後の1人である奥さんが到着しました。この日、奥様方はお客様なのです。

No.133:男の料理教室 (2018年02月28日)

 普段から家で料理しているプロ級2人と、普段食べるだけの素人である私ともう1人の計4人の男性による料理、1人はもうすぐ70歳、他3人はもう71歳、大変なことになるのでは、と妻が心配する中、みんなが集まるプロ宅へと出かけました。

No.117:友人夫妻との旅行 ー 人生を幸せにするのは何? (2016年10月31日)

 友人夫妻との旅行、以前はちょくちょく一緒に出掛けていたのですが、今回は5年ぶりです。友人に、孫ができたり、同居していた叔母さんが高齢となったりで、なかなか出かける機会がありませんでした。昨年に双子の孫が生まれ、お祖父ちゃんとして忙しい日々が続いているのですが、思い切って出かけることにしたようです。久しぶりなので、泊りがけ、2泊3日の旅となりました。

No.111:同期入社の仲間 -9年後- (2016年04月30日)

 「写真を見ましたが、皆さん楽しそうですね。(中略)来年の同期会にはぜひ参加したいです」とのメールが全員に届きました。毎年開催している会社の同期会に今年ただ1人、海外での仕事のために参加できなかったメンバーからです。メールで行き交うみんなからの写真をカンボジアで見ての思いが綴られていました。

No.099:京都・東山トレール (2015年04月30日)

 会社の同期を中心としたメンバーで、年一回の1泊旅行があります。若いときからの、家族ぐるみの付き合いなので奥さん方も参加して賑やか、夜遅くまで話は尽きません。関西在住と関東在住に分かれているので、会場は交互もしくは中間ということで、9回目となる今年は京都、桜見物の賑わいが落ち着きモミジの新緑が美しい今月中旬に「エクシブ京都 八瀬離宮」という素敵なホテルに集まりました。メンバーのうち2人が欠席して、15人での宴、楽しい仲間ぶりは全く変わることがありません。


タイトルとURLをコピーしました