国内旅行

No.166:GoTo中山道

   店頭のメニュー板にある「うまい五平餅」のとおり、美味しい五平餅でした。中山道・奈良井宿「かなめや」さん、宿場町の見物中に出会った地元の中年女性が勧めてくれた店です。築140年以上とのこと、テーブルにもなる幅広木枠の囲炉裏、むき出しの黒く太い梁、貫禄ある古民家でした。

   勧めてくれた女性は気さくで話し好きの方、店のご主人によると、「奈良井宿の宣伝部長」だそうです。でも、このご主人が更に話し好き、いただいたコーヒーや五平餅へのこだわり、町の自慢などを楽しく聴くことができました。ゆったりとした時間、江戸時代の旅人も似たような体験をしていたのかもしれません。奈良井宿で4時間以上過ごし、その日に立ち寄る予定だった平山郁夫シルクロード美術館の入館時間を過ぎてしまい、翌日45キロほど戻っての美術館訪問となりました。

   友人夫妻との4人旅、日帰りも含めると年数回一緒に出掛けていましたが、今年は初めて、1年ぶりです。友人も参加していたZoom飲み会で、GoToで何ヵ所か旅行して、えらく得した、と聞いて刺激されたのか、終了後すぐに電話があり、旅行に行こう、ということになりました。


中山道宿場町では江戸情緒を楽しみました。(写真は奈良井宿)<写真へのクリックで拡大できます>

   車での旅で、1日目は中山道・馬籠宿、妻籠宿を観光して、近くの昼神温泉泊、2日目は奈良井宿を観光して帰路途中の石和(いさわ)温泉泊、3日目に平山郁夫シルクロード美術館を訪れてから帰宅、となりました。宿場町では江戸情緒ある町並みを楽しみ、地元の人々や名物との出会いがありました。美術館では、平山郁夫氏の大作を前に、これだけの絵を描き上げる熱意と根気に圧倒される思いがしました。旅はいいものです、一緒にいて楽しい仲間がいればなおさらです。

   1日目の昼神温泉で参加した「日本一の星空」ツアーは、山頂に向かうゴンドラから見える星空に、これからの期待が膨らみ、山頂では、周辺のライトが一斉に消えたとたんに現れる満天の星空に感動する、という仕組みでした。このツアーで日本一地味だった山奥の村に人が殺到するようになり、「村おこしの成功事例」となっているそうです。友人の奥さんが、いつかオーロラも見てみたい、と洩らしていました。憧れのオーロラを思い起こすような、なかなか見ることができない、美しい天体ショーでした。

   コロナ禍で各自の活動が必要不可欠なものに制限され、もっと活動したくて、もっと会って話をしたくて、みんながうずうずしている、GoToでの各地の賑わいはそんなことの証のような気がします。「GoToはお得」ということだけではないでしょう。中山道の旅から帰ってきた後、急激な感染拡大で緊迫度が増しています。微妙なタイミングでの旅でした。思い切って出かけて良かった、と思っています。

の記事

No.207:睡眠スコアその後のその後 (2024年04月30日)

 大谷翔平さんは睡眠を大切にしていて、遠征に寝具を持ち込んだり、日々の睡眠データを計測しているそうです。超ビッグな大谷さんを引き合いに出すのはおこがましいのですが、私も睡眠データを計測しています。私のデータは、睡眠の質を示すスマートウォッチの睡眠スコアです。それが、30日移動平均で、昨年7月28日の、100点満点中83をピークに、どんどん低下し、今年3月19日には70にまで下がってしまいました。

No.206:日本海に蟹を食べに行きました (2024年03月31日)

 「(福井県の)小浜に蟹を食べに行くけど・・・(行かないか?)」と京都在住の友人からメールが届きました。京都に住んでいた若いころ、日本海での蟹といえば、蟹、蟹、蟹の蟹尽くしのイメージがあって、しかも、今回のメンバー5人全員が会社の元同僚で、内2人は私と同じ大学、これは行かなくては、と即決しました。

No.205:長崎ランタンフェスティバル (2024年02月29日)

 旧正月を祝う長崎ランタンフェスティバルを見物してきました。旧正月のランタンフェスティバルといえば台湾、無数のランタンが夜空に舞い上がる風景が有名ですが、長崎も負けてはいません。無数の光るランタンが広場や通路の頭上にあり、人物や動物のオブジェや高さ10mにもなる大型オブジェが市内中心部のいたるところで輝いています。

No.204:年末年始は今年も京都 (2024年01月31日)

 年末年始は京都でした。3年連続ですが、どこを歩いても楽しく、街歩きに飽きることはありません。今回は、嵐電1日パスでの名所巡り、大津、宇治に足を延ばしての「紫式部ゆかりの地」巡りでした。6日間で11.5万歩、二人でぶらぶら歩いた楽しい旅でした。

No.202:北陸の旅 (2023年11月30日)

 カニ漁の解禁が今月初め、しかも今年は豊漁とのこと、カニへの期待を膨らませて金沢に3泊した旅でした。ズワイガニを目の前で茹でててくれる居酒屋でいただきましたが、期待が大きすぎたためか、少し物足りなさを感じました。カニといえばカニカマ、という普段の生活なので、あの大きさと食感がないと満足できないようです。でも、お寿司屋さんでは、のどくろやガスエビといった北陸の美味しさに大満足、同じ店に2日出かけ、「たくさん食べていただきありがとうございます」とお礼を言われました。美味しいお寿司をたくさん頂きました。

No.201:14回目の会社同期会 (2023年10月31日)

 同期入社を中心とした、かつての遊び仲間が岐阜・下呂温泉に集まりました。関西在住6名、関東在住6名の12名のうち、今回は8名、同伴奥さん4名で計12名の参加でした。会社在籍中から家族ぐるみでの付き合いです。

No.200:恐山と奥入瀬渓流 (2023年09月30日)

 友人夫妻との旅行、今回は恐山と奥入瀬渓流でした。我々夫婦だと電車、バス、徒歩での旅行なので、車を運転する友人との旅行は、車でしか行けないところ、あるいは車でないと便が悪いところ、となります。今回は、新幹線と在来線で下北半島のむつ市に、そこからレンタカーで、霊場恐山、本州最北端大間崎、下風呂温泉、車で南下して、ミシュラン・グリーンガイド二つ星の奥入瀬渓流、カルデラ湖の十和田湖、田沢湖近くの国見温泉、そして盛岡から新幹線で東京、という行程でした。

No.199:今年の夏は大花火大会 (2023年08月31日)

 長岡まつり大花火大会を見物しました。日本一の花火大会と言われるだけあって、全国からたくさんの人が押し寄せ、宿が取れません。そこでバスツアーに参加、花火終了後の宿は遠く離れた越後湯沢で、大会終了後の混雑もあって、ホテル到着が夜12時半、寝たのが午前2時でした。そんなハードなツアーでも行った価値は十分ありました。

No.198:睡眠は改善したものの・・・ (2023年07月31日)

 スマートウォッチによる睡眠の質が「良し」となる「睡眠スコア80以上」の日が続いています。記録し始めた昨年7月から、30日移動平均が75から80の間で上下していましたが、今年6月から80超えで安定し、現在82超えとなっています。ですから免疫力には少々自信があったのですが、7月に帯状疱疹になってしまいました。年金生活者にとって、健康維持は大切なお仕事、お務めのようなものですが、いろいろ努力しても歳には勝てない、ということなのかもしれません。

No.196:伊豆大島G7 (2023年05月31日)

 今月、伊豆大島にG(爺)7が集結しました。大学同期の部活仲間7人、島を観光し、椿油での贅沢なフォンデュをいただき、濃厚な大島牛乳やそのアイスを味わい、夜の勉強会では2人の真剣な議論を子守歌に4人が眠りに陥りました。昨年11月の新潟県松之山温泉での53年ぶりの合宿、その楽しさがまたまた再現されたのです。


タイトルとURLをコピーしました