国内旅行

No.166:GoTo中山道

   店頭のメニュー板にある「うまい五平餅」のとおり、美味しい五平餅でした。中山道・奈良井宿「かなめや」さん、宿場町の見物中に出会った地元の中年女性が勧めてくれた店です。築140年以上とのこと、テーブルにもなる幅広木枠の囲炉裏、むき出しの黒く太い梁、貫禄ある古民家でした。

   勧めてくれた女性は気さくで話し好きの方、店のご主人によると、「奈良井宿の宣伝部長」だそうです。でも、このご主人が更に話し好き、いただいたコーヒーや五平餅へのこだわり、町の自慢などを楽しく聴くことができました。ゆったりとした時間、江戸時代の旅人も似たような体験をしていたのかもしれません。奈良井宿で4時間以上過ごし、その日に立ち寄る予定だった平山郁夫シルクロード美術館の入館時間を過ぎてしまい、翌日45キロほど戻っての美術館訪問となりました。

   友人夫妻との4人旅、日帰りも含めると年数回一緒に出掛けていましたが、今年は初めて、1年ぶりです。友人も参加していたZoom飲み会で、GoToで何ヵ所か旅行して、えらく得した、と聞いて刺激されたのか、終了後すぐに電話があり、旅行に行こう、ということになりました。


中山道宿場町では江戸情緒を楽しみました。(写真は奈良井宿)<写真へのクリックで拡大できます>

   車での旅で、1日目は中山道・馬籠宿、妻籠宿を観光して、近くの昼神温泉泊、2日目は奈良井宿を観光して帰路途中の石和(いさわ)温泉泊、3日目に平山郁夫シルクロード美術館を訪れてから帰宅、となりました。宿場町では江戸情緒ある町並みを楽しみ、地元の人々や名物との出会いがありました。美術館では、平山郁夫氏の大作を前に、これだけの絵を描き上げる熱意と根気に圧倒される思いがしました。旅はいいものです、一緒にいて楽しい仲間がいればなおさらです。

   1日目の昼神温泉で参加した「日本一の星空」ツアーは、山頂に向かうゴンドラから見える星空に、これからの期待が膨らみ、山頂では、周辺のライトが一斉に消えたとたんに現れる満天の星空に感動する、という仕組みでした。このツアーで日本一地味だった山奥の村に人が殺到するようになり、「村おこしの成功事例」となっているそうです。友人の奥さんが、いつかオーロラも見てみたい、と洩らしていました。憧れのオーロラを思い起こすような、なかなか見ることができない、美しい天体ショーでした。

   コロナ禍で各自の活動が必要不可欠なものに制限され、もっと活動したくて、もっと会って話をしたくて、みんながうずうずしている、GoToでの各地の賑わいはそんなことの証のような気がします。「GoToはお得」ということだけではないでしょう。中山道の旅から帰ってきた後、急激な感染拡大で緊迫度が増しています。微妙なタイミングでの旅でした。思い切って出かけて良かった、と思っています。

の記事

No.165:GoToキャンペーン (2020年10月31日)

 GoToキャンペーンがお得です。横浜市助成金が1人5,750円出て、6,900円で参加できる「ホテルでの昼のフレンチフルコース」と、助成金1人3,750円て、4,500円となる「横浜中華街スペシャルディナー」に出かけました。

No.136:今年の春の旅行 (2018年05月31日)

 「予約は来週です、今日ではありません」と言われて唖然としました。歯医者さんに電車で出かけ、受付で言われるまで全く気付かないという、自分の勝手な思い込みの激しさに唖然としたのです。茅ヶ崎の90歳の女性ドライバーが4人もの死傷事故を起こしたのは、「信号は赤だとわかっていたが、歩行者が渡り始めていなかったので通過できると思った」という勝手な思い込みによるものでした。この異常ともいえる自信は、年齢を重ね、経験を重ねた者特有なものなのでしょうか。歳をとったらより「小心」でいないととんでもないことになりそうです。

No.134:埼玉(さきたま)古墳群 (2018年03月31日)

 ブロッコリが驚きの150円、野菜高騰時期だったこともあり、それを見た途端にテンションが一気に上がりました。産地直売の「道の駅」、広い店内に野菜や果物がところ狭しと並んでいます。イチゴが特産のようで、中央に大きなスペースを占め、沢山の人が取り囲んで買物中です。パックの一つひとつを手に取りながらの、近寄り難い、真剣な雰囲気、達人はまず生産者名を見るとか。我々は、大きさ、形、色、値段を見比べて、2パック購入しました。帰宅後すぐに食べてみると、甘さが口の中いっぱいに広がり、"もぐもぐタイム"に自信を持って推薦できる味と食感でした。

No.130:正倉院展 (2017年11月30日)

 友人から「正倉院展に行こう」との電話、展示会は遠い奈良ですが、本人は行く気満々です。しかもわずか「1泊で」と。つい最近新車を買ったので出かけたいに違いありません。それにしてもかなりの遠出、片道6時間以上かかるので、せめて2泊にしたかったのですが、私の勤務先での調整がつかず、1泊となりました。出発は6日後、ホテルをどうにか確保して出かけました。

No.125:霊場・出羽三山の羽黒山 (2017年06月30日)

 初めて訪れた庄内平野は、田植え間もない若い稲の、勢いのある明るい緑が一面に広がっていました。これが秋になると黄金色に輝くのでしょう。平野を囲む山々は濃い緑、さらに先の山々は薄い青緑、梅雨時の湿り気のある空気の中、平野も山も生命力あふれる美しい緑で溢れていました。

No.123:さくらの旅 (2017年04月30日)

 桜の開花がいつなのか毎日のようにチェックしていました。旅行日程が決まっているので、できれば見ごろ、せめて少しでもいいから咲いててほしいとの思いからです。ところが、ところが、当日になってみると、五分咲きか満開という桜の最も美しい日々、そんな最高の見ごろは数日しかありません。稀な幸運に恵まれた旅だったと言えます。

No.116:北海道新幹線開業記念 大人の休日パス (2016年09月30日)

 函館から先は全列車運休です、との車内アナウンスに唖然としました。迷走台風、10号が日本海に抜けた翌日の秋晴れの日、ルンルン気分で乗り込んだ北海道新幹線はやぶさ号新函館北斗行でのことです。北海道での台風被害は知っていましたが、函館から先が不通だとは、全く知りませんでした。他の被害が大きく、運休はニュースにもならず、東京駅でのお知らせもありませんでした。

No.104:信州での秋休み (2015年09月30日)

 長野の小布施に「朱雀」という大人気のモンブランケーキがあると聞き出かけました。作りたてを提供するため、朝8時半から朱雀券(整理券)を売り出し、9時半から給仕を始めます。

No.092:長崎・軍艦島 (2014年09月30日)

 「ここでの暮らし、独身者は必ず脱落する、と言われていました」とのツアーガイドの言葉が印象的でした。長崎港から南西に約19km、縦480m、幅160mほどの小さな細長い島に鉄筋コンクリートの建造物が所狭しと立ち並んでいて、その姿が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれている島でのことです。

No.068:大人の休日倶楽部パスの旅 (2012年09月30日)

 昨年の夏は「北海道&東日本パス」、普通列車7日間乗り放題1万円の旅でしたが、今年は「大人の休日倶楽部パス」、新幹線も含めた4日間乗り放題1万5千円の旅となりました。普通列車からいきなり新幹線にグレードアップ、昨年9時間以上かかった盛岡が今年は2時間半です。


タイトルとURLをコピーしました