国内旅行

No.130:正倉院展

 友人から「正倉院展に行こう」との電話、展示会は遠い奈良ですが、本人は行く気満々です。しかもわずか「1泊で」と。つい最近新車を買ったので出かけたいに違いありません。それにしてもかなりの遠出、片道6時間以上かかるので、せめて2泊にしたかったのですが、私の勤務先での調整がつかず、1泊となりました。出発は6日後、ホテルをどうにか確保して出かけました。

 往復860km、私と同じ70歳の友人が一人で運転します。友人の奥さんと私の妻が後部座席で仲良くうとうとする中、運転で眠気がこないように助手席の私がいろいろと話しかけます。とりとめのない話なのですが、これが楽しいのです。だいたい、一緒にいて楽しくなければ、旅行など行けません。朝6時過ぎに家を出て、友人宅最寄駅で車に乗り込み、高速で奈良へ、ホテルに車を停め、正倉院展に到着したのが14時半過ぎ、8時間半ほどの道のりでしたが、それだけの価値がありました。

 1300年前の美術工芸品、シルクロードを通ってはるばるやって来たもの、当時の日本で作られたもの、いずれも時間をかけ、手間をかけ、丁寧に作られています。日本で作られたものでも、図柄や形は異国風で、仏教をはじめとする異国文化を積極的に取り込もうとしている、寛容で開かれた天平期の空気を感じることができます。展示物には戸籍や地図もあって、国家が形成されつつあることを示しているとのことでした。奈良から遠く離れた関東の地「下総国葛飾郡大島郷」の戸籍もありました。そこには「刀良(とら)」という男性や「佐久良賣(さくらめ)」という女性の名があり、天平の寅さんが柴又近くに住んでいたことが分かります。1300年も昔の人がとても身近な存在に思えてきます。


早朝、ホテル近くの復元された朱雀門を見物<写真へのクリックで拡大できます>

 毎年開催されている正倉院展、行きたいと10年来思い続けてきたという友人は、今回その願いが叶い、展示物の大きな写真と詳細説明が載った本を記念に購入しています。何か嬉しそうで、そんな友人を見ても、やはり来てよかったと改めて思うのです。翌日は、復元された朱雀門、興福寺、なら仏像館、東大寺、薬師寺などを訪れました。興福寺阿修羅像の憂いを秘めたようなお顔、薬師寺の平山郁夫画伯「大唐西域壁画」の山頂残雪の鮮やかな白、などが特に印象に残りました。たくさんの仏像を拝観しましたが、それぞれが丹精込めて作られた美しく素敵なお顔でした。

 最後の薬師寺を午後3時50分に出発したので、往路での時間実績から、私と妻が乗る電車の終電ギリギリになりそうでした。終電に乗り遅れたら家まで送って行く、と友人は言うのですが、そうなると友人は片道40kmを往復しなくてはなりません。結局、途中休憩を短縮するなどして、終電の30分ほど前に友人宅最寄駅に到着、午後11時45分に帰宅することができました。前日朝6時に出て、翌日夜12時近くに帰宅するという、2日間まるまる遊んだ奈良でした。70歳を過ぎた者がやるような旅ではないのかもしれませんが、お互い元気だということでしょう。運転手さん、本当にご苦労様でした。感謝、感謝です。

の記事

No.192:年末年始は京都 (2023年01月31日)

 ちらついていた雪がすっかりやみ、陽が差してきた長野善光寺参道、隣で妻が食べるアップルパイの甘い香りの中、私は野沢菜おやきをいただきました。この日は誕生日、おそばを食べ、栗おこわを買い、信州の美味しさでのお祝いとなりました。あと4年で80歳、80歳の誕生日もこのように旅先で迎えることができるのでしょうか。

No.191:鹿児島・宮崎旅行 (2022年12月31日)

 今年は8回も国内旅行に出かけました。盛んに旅行したアメリカ駐在時代にもなかった頻度です。家を売って気が大きくなったわけではありません。コロナ禍前の年2回ほどの海外旅行よりも少ない出費です。旅行支援も背中を押してくれました。

No.189:ひたち海浜公園コキア (2022年10月31日)

 秋の行楽シーズン、紅葉したコキアを観に国営ひたち海浜公園に行きました。コキアは和名がほうき草、乾燥させてほうきにします。真っ赤に紅葉した、まるまるモフモフの可愛らしい、3万3千本ものコキアが丘一面に広がる様は圧巻です。雨模様が続く日々のなか、せめて曇りの日に、と出かけたのが日曜日、大変な人出でした。でもこれ以上はないという秋晴れに恵まれ、大満足の観光となりました。

No.188:伊香保温泉 (2022年09月30日)

 今月は伊香保温泉に行きました。群馬県温泉人気第2位で、両側に宿や店が並ぶ365段の階段街が有名です。階段中央には湯樋が埋められ両側の宿に源泉を引湯しています。戦国時代の1576年、武田勝頼が負傷兵の湯治のために造成したもので、わが国「温泉都市計画第一号」との碑石が階段途中にありました。山形県山寺、香川県金毘羅と並ぶ日本三大名段だそうです。登り切ったところには伊香保神社があり、ここでは冷えたジンジャ(神社からの)エール(応援)が売られていて、疲れた体を癒してくれます。ちなみに群馬県温泉人気第1位は草津温泉です。草津温泉同様にここでも若者が多く訪れていました。

No.186:北海道旅行 (2022年07月31日)

 コロナ感染の第7波急拡大で、8月8日~9日の勉強会合宿が延期となりました。「勉強会」は大学同期の行楽付飲み会で、名称のとおり向上心あふれる??仲間の集いです。定年を機に集まり始めたのでもう15年、多いときは年4回ほど集まっていましたが、コロナ禍で2年半以上集まっていません。

No.185:草津温泉 (2022年06月30日)

 4月に家を売却したお金をどうするか、夫婦で考えましたが、なかなか思いつきません。投資して増やすのは、減るリスクもあり、時間も労力も必要で面倒、この歳になったら投資よりも消費だろう、ということなのですが、お金を使い慣れていないので、これが難しいのです。さしあたり旅行、それに美味しいものを食べよう、ということになりました。

No.184:試し歩き2 (2022年05月31日)

 昨年秋に続いて2回目の東海道試し歩き、日帰りで32キロ歩いて、15日で伊勢神宮までの距離(459km)というのが今回の目論見でしたが、結果は1日22キロ歩いて16日で名古屋の熱田神宮までの距離(347km)どまりとなりました。初日の25キロあたりから腰が痛くなり、2日目は10キロほどから強い腰痛、3日目には14キロで腰痛でギブアップ、電車で帰る、というスタートでした。そこでやめればいいものを、「たかが10キロ程度で腰痛なんて」とても納得できず、歩き続けました。

No.180:年末年始は京都でした (2022年01月31日)

 20年ほど住んでいた京都ですが、お正月を過ごした覚えがありません。そのため、年末年始の京都、とても楽しみでした。12月31日朝早くから家を出て、1月5日夜に帰宅、5泊6日の比較的ゆったりした京都滞在です。いたるところが観光スポットで、行くところに困ることは無く、美味しいものもたくさんあります。

No.179:沖縄旅行 (2021年12月31日)

沖縄は妻も私も初めてです。ツアーなので気楽、前準備もほとんどせず、その分印象の少ない旅行だったかもしれません。「憧れの沖縄リゾートステイ4日間」という新聞折込チラシを見て、コロナ感染が落ち着いているうちに、と申込みました。

No.178:1年ぶりの旅行 (2021年11月30日)

 コロナ感染の第六波が来ないうちに温泉に行こうと友人夫妻と出かけました。旅行は1年ぶり、同じメンバーです。1年前は、旅行から帰ったとたんに第三波が急激に立ち上がり、ぎりぎりのタイミングでした。その後第四波、第五波と立て続けに襲来し、やっと落ち着いてきたので出かけたのです。


タイトルとURLをコピーしました